龍河温泉の概要

当館創業者が平成の世が誕生した年に地下1200メートルまで掘削し温泉を掘り当てました。

日帰り温泉施設として平成2年に開業。多くのお客さまが訪れました。

宿泊してゆっくり癒したいとの皆さまのお声から
平成4年に旅館業の許可を取得し、
新たに温泉旅館として船出いたしました。

格式ばったおもてなしより、
ふるさとに帰ってきたかのような暖かい雰囲気があり、

お部屋も10室程度と、訪れる皆さまの
近い存在でありたいと心がけております。

龍河温泉の歴史

当館がある佐古藪の地は、むかし竹藪がひろがる集落だったそうです。

いまでも少なくはなりましたが、

竹藪が点在しており、タヌキが生息しています。

運がよければ時おり姿を見かけることも…?!?

わが宿のシンボルもタヌキであり、

タヌキは商売繁盛の縁起物としても有名です。

規模的な制約条件

当館は高知市街に程近い香美市に位置し、周囲の集落は田園風景に囲まれています。

こぢんまりとしたアットホームな雰囲気の中にある田舎の温泉宿です。

規模的な制約はありませんが、大勢で騒いで楽しめる雰囲気というよりは

のんびりゆったりと過ごしていただけることを

優先しております。

お部屋・館内のご案内はこちら

トップページへ